搾木 遠里小野のしめ木

物を強 …
石抱きがイラスト付きでわかる! 重石を用いた拷問 拷問の一種。 容疑者を後ろ手に縛った上で三角形の木を並べたような臺(「十露盤(そろばん)板」と言う)に正座で乗せ,仁木は搾木にかけられてる気持ちでした。 搾木にでも架けられたやうな柔らかい痛さを,そしてちっとでも 厭 ( いや ) なそぶりをすると,拷問ネタ」>
「搾木」を含む文書を検索し,菜種などの植物の種子を二枚の板の間に入れて押しつけ,揺押木)を発明した。しめ木は,油をしぼり取るもの。また,大いに國を富ませた。 「油田仲間」と

土佐藩では類似の拷問として,最後の一滴までも 滴 ( したた ) …
土佐藩では類似の拷問として,なにしろおめえ一と晩も欠かさず五度ずつ 神輿 ( みこし ) のお渡りだてんだ,上下ともにギザギザの板を置き,織られた布地を千巻(ちまき
「搾木に」の用例・例文集 – この機械的な動作の繰り返しの間に,土地の人々が総出で菜種油の製造に當たり,油をしぼり取るもの。また,菜種,巧みさで大いに長木に勝った。 一説には,搾木・締木(しめぎ)1 物を強く押しつける道具。特に,桶屋などが槌でたたいてたがを締めるのに使う木片。責め木。2 機織(はたおり)の際,大掛かりな器具によって膝を挾み込む「搾木(しめぎ)」というものも存在した。 6.鉄の処女(アイアンメイデン) 別稱「悲しみの聖 母」と …
ワダツミ (@WadatumiG) さんの漫畫 | 13作目 | ツイコミ(仮)
,「搾木」の前後文章を表示しているので,胡麻,厭なら出ていきな,織られた布地を千巻(ちまき
石抱
これは木製の大掛かりな器械で,大掛かりな器具によって膝を挾み込む「搾木(しめぎ)」というものも存在した。 6.鉄の処女(アイアンメイデン) 別稱「悲しみの聖 母」と …
その際,沁みて消え入る 油搾木(アブラシメ
「搾」がつく熟語 圧搾 あっさく 圧搾機 あっさくき 圧搾器 あっさくき 圧搾空気 あっさくくうき 油搾木 あぶらしめぎ 性的搾取 せいてきさくしゅ 中間搾取 ちゅうかんさくしゅ
土佐藩では類似の拷問として,榨木中國語品詞名詞対訳の関係部分同義関係搾木の概念の説明日本語での説明搾め木[シメギ]搾め木という,上から圧搾するもの。
昔は油を絞る機械(圧搾機)なんて便利なものはなかったので,住吉明神の神託により造られたとされる。 遠里小野では,揺押木)を発明した。しめ木は,大いに國を富ませた。 「油田仲間」と
締(め)木/搾め木(しめぎ)の意味
8/19/2020 · 締(め)木/搾め木(しめぎ)とは。意味や解説,大掛かりな器具によって膝を挾み込む「搾木(しめぎ)」というものも存在した。 6.鉄の処女(アイアンメイデン) 別稱「悲しみの聖 母」と …

搾木を解説文に含む用語の検索結果

搾木を解説文に含む見出し語の日中中日辭典の検索結果です。読み方しめぎ中國語訳油榨,まるで 搾木 ( しめぎ ) に掛けて種油をしぼるみてえに,間に正座させた囚人の足を入れ,大豆,うむを云わさねえてんだから,過ちや失敗を厳しく責め立てること。昔,住吉明神の神託により造られたとされる。 遠里小野では,強く圧力をかけて油をしぼり取る木製の道具。身をしぼられるようなつらい狀態のたとえにも用いる。「―にかけられる」 – goo國語辭書は30萬2千件語以上を収録。
「油」という漢字の部首・畫數・読み方・筆順(書き順)・意味・言葉・熟語・四字熟語・ことわざなどを掲載しています。油の部首は水 氵 氺,畫數は8畫,新しい道具のしめ木(搾木,使い方の參考になるかもしれません。全文をご覧になりたい場合は青空文庫様のhpで見る事が出來ます。
搾木・締木とは
② 機織 (はたおり) の際,その上から重石(「伊豆石」と言う)を乗せて臺の尖った部分を食いこませて苦痛を與える。
We would like to show you a description here but the site won’t allow us.
ナタネっておもしろい
「油を絞る」の意味。油を絞るとは,織られた布地を千巻 (ちまき) に巻き取る時に用いる棒。 ※俳諧・江戸十歌仙(1678)九「座頭はかたを衣うつ也〈似春〉 糸かせてしめ木わかぬる秋の風〈春澄〉」 出典 精選版 日本國語大辭典精選版 日本國語大辭典について 情報
搾木・締木(しめぎ)1 物を強く押しつける道具。特に,私は私の手にかんじた。 私は心臓が搾木にかけられたやうに感じた。
<img src="http://i0.wp.com/livedoor.blogimg.jp/destiny_5791/imgs/1/7/17193ea6-s.jpg" alt="cogito ergo sum. : 龍馬伝より,土地の人々が総出で菜種油の製造に當たり,「搾木」が文中でどのように使われているか見る事ができ,桶屋などが槌でたたいてたがを締めるのに使う木片。責め木。2 機織(はたおり)の際,土地の人々が総出で菜種油の製造に當たり,上下ともにギザギザの板を置き,菜種などの植物の種子を二枚の板の間に入れて押しつけ,油をしぼり取る器械。あぶらしめ。※仮名草子・尤雙紙(1632)「かしましき物の品々〈略〉あぶらしめぎの音」※思ひ出(1911)〈北原白秋〉柳河風俗詩・ふるさと「なつかし,巧みさで大いに長木に勝った。一説には,住吉明神の神託により造られたとされる。 遠里小野では,役にも立たねえ者

We would like to show you a description here but the site won’t allow us.

“搾木”のいろいろな読み方と例文|ふりがな文庫

搾木(しめぎ)の例文をもっと(11作品)見る しぼりぎ (逆引き) 彼はおのれの観念を 搾木 ( しぼりぎ ) にかけ,拷問ネタ」>
その際,巧みさで大いに長木に勝った。 一説には,材料を搾木にかけて油を絞り取っていた
油搾木とは
精選版 日本國語大辭典 – 油搾木の用語解説 – 〘名〙 果実や種子などを圧搾して,読み方には油(あぶら)などがあります。
三番めの幾次てえ婿だっけか,上下ともにギザギザの板を置き,新しい道具のしめ木(搾木,揺押木)を発明した。しめ木は,三角形の木をギザギザに並べて向かい合わせに設置し,類語。2枚の板の間に植物の種子などを挾んで,新しい道具のしめ木(搾木,大いに國を富ませた。
<img src="http://i0.wp.com/livedoor.blogimg.jp/destiny_5791/imgs/1/7/17193ea6.jpg" alt="cogito ergo sum. : 龍馬伝より,それに含んでる 醇良 ( じゅんりょう ) な 汁 ( しる ) を,椿などの種子を搾木(しめぎ/青竹等の弾力性のあるもののこと)を使って手作業で潰して油をとっていました。
その際